模擬咀嚼装置

模擬咀嚼装置
模擬咀嚼装置

当社は、食物テクスチャー計測装置や顎運動訓練ロボット、口腔ケア実習ロボットなど、非産業用の各種ロボットを中心に既存の装置では実現できなかったソリューションの開発とメカトロ機器の設計製作に注力してきました。

この度、日本医科大学特許(特許第5062590号)を基に開発した模擬咀嚼装置は、人間の被験者の代わりに、食物の繰り返し咀嚼をシミュレートし、再現性のある咀嚼の試験や評価を実現します。

香気成分分析前処理として、香気成分捕集のため,咀嚼で発生する香気成分放散を再現します。当装置から抽出した香気を、別途、香気成分分析システムで分析することで、咀嚼中の様々なデータがとれます。※香気成分分析システムの開発には当社は関与していません。

  • 食物の咀嚼試験・評価
    繰り返し咀嚼による被験者に依らない再現性のある咀嚼評価
  • 香気成分分析前処理
    香気成分捕集のため,咀嚼で発生する香気成分放散を再現

模擬咀嚼試験機基本機能(例)

咀嚼力:3~500[N]
咀嚼速度:0.1~2[回/s]

  • 垂直軸周り回転によるすり潰し
  • 目的に合わせた上下顎交換可能

咀嚼試験オプション

  • 6軸力リアルタイム測定
  • 人工唾液滴下

香気成分分析前処理オプション

  • GC-MS分析前処理用気密仕様
  • 恒温装置による温度管理

実際に動いているところは、以下の動画でご覧ください。


中小企業の優れた技術・製品が集結する「オンライン彩の国ビジネスアリーナ」に、この製品で出展致しました。以下はPR動画。